日に焼けるまで~田舎の従姉弟と姉と弟~第4話

日に焼けるまで~田舎の従姉弟と姉と弟~第4話ネタバレとレビュー

「日に焼けるまで~田舎の従姉弟と姉と弟~第4話のあらすじ&ネタバレ」


会員登録なしでも無料試し読みができるのはこちら!


>>無料試し読みはこちらからどうぞ!

初めての経験で年下のタケルにしかも中に出されてしまう涼音。

(ただの悪ふざけだったのに・・・)

そんな思いが入り乱れ、複雑な気持ちでぼーっとされるがままの状態が続く。

 

(お○んちん入れられながらキスされると頭がぼーっとしてしまう・・・)

今度はこんなことを考え目もトロンとして興奮も未だ覚めていない。

涼音はそのままタケルとディープキスを交わらせる。

(もう・・・何も考えられない・・・💛)

 

ガマンできなくなった涼音は、とうとう自分から舌を絡めていく・・・。

(姉ちゃんが恋人みたいに自分から舌を絡めてる・・・)

しばらくキスを続けていたが、ちょっと休憩なのか顔を離す二人。

その時、二人の唇から唾の糸がいやらしく糸をひいている・・・。

 

「もっとセッ○スしたい・・・いいよな・・・?」

「・・・うん💛」

 

そういうとまたヤりだす2人。それをほほえましく見る愛美。

それとは対照的にドキドキしながら見守るヒロト。

 

クチュクチュ

ふと音がするので、愛美の方を見ると自分でオ○ニーを始めていた・・・。

 

「うちらも・・・しよ?」

愛美はおもむろにパジャマを脱ぐと、そこにはそのままの巨乳が丸見えになっていた。

 

そして下着を脱ぎすてると、そのまま横になり股を開いてヒロトを誘うのであった・・・。

ヒロトはビンビンになったチ○ポをこすりつけて挿入しようとする。

すでに愛美のお○んこはぐちょぐちょに濡れてて、いつでも入れられる状態だ。

 

「あれ・・・入らない・・・」

「焦らんでもええよ・・・」

先っぽだけ入れてみると、お○んこがチ○ポに吸い付くように包み込んでくる・・・。

「・・・うちの中に入ってきてる・・・」

 

もっと奥までと催促されそのまま奥に入れる。

でも、ヒロトはあまりにも気持ちよすぎて腰がひけそうになる。

ヒロトも愛美のお○んこに根元までチ○ポを入れてしまう・・・。

そのまま正常位で腰を振り続けると、愛美のピンクの乳首はビンビンに立ってきている。

 

そしてチ○ポを入れられた愛美の表情は苦しいとも、気持ちいいともとれるような表情をうかべていた。

「ぜんぜん痛くないから・・・思いっきりしていいよ・・・」

 

ヒロトは、そういわれると何かにとりつかれたように遠慮なく腰を強く振りつづけた・・・。

ガンガンにお○んこをつきまわされ、愛美の乳首が激しく上下に揺れている。

 

「これが・・・エッチなんだ・・・ああん💛」

ヒロトにお○んこをつきまわされ、おかしくなりそうと甘い声を出す愛美。

 

するとつくのをやめ、ビンビンに立ちまくりの乳首を吸い始める・・・。

そしてビンビンの乳首を吸いながら、またお○んこを力強くつきまわす。

 

「再会した時からずっとおっぱい見てたよね・・・💛」

乳首を吸いながら、夢中になって腰を振るヒロト。

お○んこをつかれている愛美の表情は頬を赤らめ、もうすでに快楽の絶頂の表情に・・・。

激しくお○んこをつかれて感じまくりの愛美。

 

「おっぱい吸われながら奥グチュグチュにつかれるの・・・すごい・・・💛」

「頭の中が溶けちゃいそう・・・💛・・・うちの中にきて・・・💛」

 

(タケルは姉ちゃんに中田氏したんだから僕も・・・!)

そしてヒロトは愛美のお○んこにたっぷりと中田氏してしまう。

 

隣ではまだ涼音とタケルがセッ○スに明け暮れていた・・・。

 

第4話 「ウチたちも…しよ?」姉を捧げた代わりに抱く従姉弟の身体 レビューと見どころ解説

さてここからどんどんエッチな展開になってきます。

赤ちゃんが心配という涼音でしたが、ついには快楽の海に溺れてしまうという流れになっています。

 

このダメと分かりながらも、ずるずると落ちてしまう背徳感のようなところがまず最初に見どころですね。

私はこの後の、まだするよな?といわれうんと言ってしまうくだりも興奮してしまいました。

 

とうとう涼音は初めてにして快楽を知ってしまったんです・・・。

それだけセッ○スは気持ちいいということなのでしょう?

 

そんなセッ○スを私にもぜひ教えてほしい所です。

ディープキスで糸を引きまくりなのも、なかなかにエロいですよ。

この辺も意識して読んでみるといいでしょう。

 

そんなハメまくりの2人を前にして何もしないはずがありません。

今度はヒロトと愛美がそんな流れになってしまいます・・・。

 

愛美は自分でお○んこをクチュクチュいわして、いつでも準備オッケーな状態に。

それから自分で服を脱ぎ、そのたわわなおっぱいをヒロトにみせちゃいます。

 

愛美の巨乳を見て、ヒロトは最初は戸惑いますがだんだんとエロエロモードに突入していきます。

早速、正常位でハメようとするとやっぱり最初なのでうまくチ○ポが入りません。

 

でもそこは年上の愛美、優しくエスコート?してあげます。

そのかいあってお○んこにチ○ポを挿入できたヒロト。

どうやら愛美のお○んこはチ○ポに絡みつくみたいですよ。

いやぁうらやましいですね。私も絡みつけてほしいです。

 

愛美にうながされ、ヒロトはそのまま奥までチ○ポを入れてしまいます。

ここからはもう獣のように腰を振りまくります。

お○んこにお○んちんを入れられた愛美は苦悩の表情を浮かべます。

枕を握りしめ、されるがままの愛美。

 

ヒロトがに腰を振るたびに乳首が激しく揺れて、乳首が残像になっています。

ここも私的に興奮するポイントですね。

 

と思っていたら、ちょっとゆっくりになりその乳首を吸い始めます。

ヒロトは愛美の乳首を見逃しませんでした。

実はヒロトは愛美のおっぱいを再開時にしっかり見ていたのです。

 

しかも、それを愛美にばれていたというね。

いやはや女の人は鋭いです。

でも結果オーライって感じじゃないですか?

よかったねヒロト♪

 

さて乳首を吸いつつお○んこにチ○ポをつきまわすヒロト。

とても初めてとは思えないプレーです。

 

初めは処女のごとく、終わりは脱兎の如し。まさに孫氏の兵法です。

フィニッシュはタケルも中田氏したからという理由で中田氏です。

 

大丈夫か?と思いましたがその辺はなんとかしているのでしょう。

しかもフィニッシュしてもまだまだやり続けるとうね。

熱帯夜はしばらく続きそうです。

無料お試しはこちら!

日に焼けるまで~田舎の従姉弟と姉と弟~

会員登録なしでも無料試し読みができるのはこちら!


>>無料試し読みはこちら!